歯科,入れ歯(義歯),審美歯科,インプラント
〒542-0077 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目東7-21
TEL 06-6211-8817
福辻歯科医院HOME»  歯周病

歯周病

いくら磨いても良くならない歯周病

いくら歯を磨いても良くならない歯周病の患者さんは、自分では気づかない悪い習慣や、不適合の義歯などがわざわいしている場合が多いので、よく調べる必要があります。

神様からもらった歯が少しでも残っていれば、その歯を大切にして局部床義歯の支えに上手く利用し、良く噛める義歯を作らなければなりません。

私は「形状記憶合金を使ったアタッチメント義歯」を開発しました。「医療用具認可」は、世界でも初めてです。これによって、痛くなくよく噛めて、審美的にも優れた付加価値の高い義歯ができます。

現在一般的に使われている義歯は「クラスプ」と言って歯の頚部を握る形で固定するため、噛む度に自分の歯が揺さぶられ、歯根を支えている歯槽骨が無くなるのです。その結果、歯がグラグラ動き、歯周病菌に感染して次々と抜歯しなければならなくなる場合が多いのです。

これには骨細胞の中の破骨細胞が関与していますが、このような欠点を無くし、力を入れて噛んでも自分の歯に影響せず良く噛めるように工夫し考案したのが、形状記憶アタッチメント義歯です(人工歯根を埋めるようなインプラントの手術は不要です)。

形状記憶アタッチメント義歯は、特殊合金の持つ形状記憶効果と超弾性特性を上手く利用したもので、義歯の安定が良くなり、しかも義歯を持たせている歯牙に負担がかからないので、残存している自分の歯牙が長く保存できます。